海に望む教会

みなさんこんにちは。

 
3月に入りすこしずつ暖かくなってきましたね。
五島列島の冬は風が強く、気温以上に寒く感じてしまいますが、寒い時期もあと一息、
乗り越えたいと思います。

 
 
 

上五島・頭ヶ島天主堂

以前のコラムでもご紹介しましたが、現在五島列島の教会群(キリシタン関連遺産)は
世界遺産登録を目指し、審査などを受けているところです。
 
頭ヶ島天主堂
 
 
 
この教会はその世界遺産候補のひとつ、頭ヶ島天主堂(かしらがしまてんしゅどう)で
す。全国的にもめずらしい石造りの教会です。
 
 
パンフレットなどではこのように正面から外観を撮った写真でよく紹介されるのですが、
頭ヶ島天主堂付近には実は素晴らしい海があるんです。
 
 
 
 
海へ続く道
 
 
 
教会を回れ右して少し歩くと、こちらも教会と同じく石造りの道があります。
進んでいってみると・・・。
 
 
 
 
白浜の海
 
 
 
見えましたね。
みなさんが大好きな(?)、一本の細い道から海が見えるシチュエーション!
 
今日も海が青い。青すぎる。
 
 
 
そして実はこの海、もう少し進んで行くとわかるのですが・・・
 
 
 
 
白浜
 
 
 
ビーチ付きなんです。無料で泳ぎ放題。
島の中心部からは離れた場所なので、こんなにきれいな海がプライベートビーチ化して
しまうことも。
以前他県の海水浴場で泳ごうとしたら、入場料を払うように言われて理解ができなかっ
た思い出があるんですが、海で泳ぐのってお金がかかるものなんでしょうか・・・?
島出身だと本気で分かりません・・・。
 
 
まぁそれはいいとして、五島列島なら世界遺産(候補)にふれたあと、すぐに泳ぐこと
も可能!
こんな場所はなかなかないと思いますよ。
 
 
教会の椿
 
 
 
 
ほかにも時期によっては椿の花を見ることができますし、
 
 
 
 
キリシタン墓地
 
 
 
 
信者の方の歴史がわかる墓地も周りにあります。
 
 
文化にふれるもよし、自然にふれるもよしのオススメスポットですよ。
 
 

※教会の見学に興味がある方も多いかと思いますが、信者の方たちにとっては神聖な
「祈りの場」です。
あらかじめ教会でのマナーなどを頭に入れておいていただけると幸いです。