幸せのまあるいお菓子

みなさんこんにちは。

 
本日は2月14日。バレンタインデーですね。
もうチョコレートを渡した人、もらった人もたくさんいるのではないでしょうか?
 
 
私はどちらの予定もなかったのですが、ありがたいことに社内のメンバーがお菓子を
買ってくれたのでよろこんで食べました。
休憩時間の甘いものは午後の仕事の活力になりますね!
 
 
 

塩で楽しむバレンタイン

「女性が男性に愛を伝える」のが一般的なバレンタインだと思っていたのですが、近年
のバレンタインはといえば『友チョコ』、『自分チョコ』などが流行ってしまっている
ようです。
どうりで自分にチョコレートが回ってこないワケだ、と最近納得しました。
 
 
チョコバームクー編のアップ
 
それならば、今年は『自分チョコ』をやってみよう!
ということで自分でバレンタインデーのチョコレートを用意しました。
 
 
アップになってしまいましたが、なんのお菓子か分かるでしょうか?
 
 
 
 
塩チョコバームクーヘン
 
そう、みんなを幸せにするお菓子、「バームクーヘン」です!
 
 
このまんまるのフォルムがとても心安らぎます。
色を見ていただければ分かるかと思いますが、バレンタインデーらしくチョコ味です。
 
 
当サイトで取り扱っている商品の中でも甘いものというのは希少な存在ですので、
前から気になっていたものの自分では食べた事がなく、今回やっと食べることがで
きました。
できればほかの人からもらいたかったですが、『自分チョコ』なのでいいんです。
 
 
早速食べてみましたが、やはりバームクーヘンはおいしいです。
どちらかといえば甘さ控えめで、コロンビア産のチョコレートの良い香りがしました。
「しっとり、ふわっ」という自分の中のバームクーヘンに対する条件も満たしていました。
 
 
510 SALT
 
しかしこれだけではないのが五島列島のバームクーヘン。
別添で『510 SALT』という五島列島の天然塩が付きます!
 
 
完全天日干しという全国的にも珍しい製造方法の『510 SALT』。
このお塩がバームクーヘンの甘さやチョコの風味をさらに引き立てます。
 
塩をかけたバームクーヘン
 

二度おいしい、というよりは塩をかけた状態の方が自分の好みだったのでほとんど
その味で食べてしまったのですが、かなりバームクーヘンと塩の相性がよく、クセに
なってしまいそうでした。
 
 
五島列島の天然塩は雑味が少なく、どんなお料理にも合うのですが、甘いものに
かけると甘さをジャマせずに引き立てていることが口の中でよく分かり、塩の大切
さを感じることができます。
 
 
今回は自分用のバレンタインに食べましたが、少しぜいたくをしたいティータイムなど
には最適ではないかと思います。
 
 
五島列島が生んだ他にはないバームクーヘン、ぜひ味わってみてください!
ご注文はこちらから。