祈りの島

世界遺産候補の島

長崎県五島列島、中通島。五島列島を構成する島のひとつですが、「新上五島町」という町が
この中通島に属します。
 
新上五島町の特徴として挙げられるのが、色濃く残るキリシタン文化。
町内には29もの教会が存在し、今もミサを知らせる鐘の音が鳴り響いています。

 

その29の教会の中にはユネスコの世界遺産候補に挙がった教会もあります。
惜しくも昨年は登録とはなりませんでしたが、現在でも世界遺産登録を目指す動きは
行われており、近い将来、世界遺産の教会を持つ島となるかもしれません。

 

161214_05
世界遺産候補の、「頭ヶ島天主堂」。全国的にも珍しい石造りの教会。

 
写真の頭ヶ島天主堂は、2001年に国指定の重要文化財に指定されています。
頭ヶ島という地区は住民のほとんどがキリスト教徒だったと言われ、教会に
使われている石も、信者がひとつひとつ手で運んできたといいます。
 
ぜひ見ていただきたい教会のひとつです。
 
 

12月はイルミネーションも

12月から約1ヶ月間、新上五島町の教会はイルミネーションをまとって輝きます。
「チャーチウィーク」と呼ばれる教会内での音楽コンサートも催され、夏しか楽しみがない
と思われがちな島の、冬の風物詩となっています。
 
161214_03

水面に反射する様子が美しい「中ノ浦教会」。

 
新上五島町若松地区にある中ノ浦教会は、水面が穏やかな日には教会の姿が反射し、
鏡のようになることが印象的な教会です。
この中ノ浦教会がイルミネーションでライトアップされたのがこちらです。
 
 161214_01
 
規模はあまり大きくなく派手さはありませんが、祈りの教会にふさわしい、慎み深い
光をまといます。
 
冬の五島列島で一足早いクリスマスを味わう観光客も多く、教会見学はツアーでも
目玉となるスポットです。
 
29もの教会がありますので、何度か訪れて全て見学した、という人もいるようです。
 
161214_04
 
食文化もさることながらキリスト文化も独特な五島列島。
五島列島の文化に思いを馳せながら、特産品に舌づつみを打ってはいかがでしょうか。

 
 

関連商品

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88%ef%bc%882016-12-12-15-51-38%ef%bc%89
地獄炊セット /ますだ製麺/5,000円(税込)
五島列島の食文化で最も有名だと言える、「地獄炊き」。
すくい棒にお椀までセットになっている本商品なら、すぐに五島列島の食卓を再現できます。
 
12052216_58456897615e1
竹椿(竹炭石けん)/深浦工房/1,650円(税込)
この時期、お肌のケアに悩まされている方も多いのでは?
五島列島の椿油を使用し、お肌にやさしい心地よい洗い上がりを実感できる石けんです。
リピーター多数の商品です。