冬の海で遊んでみる

みなさんこんにちは。
突然ですが「五島列島」という場所にどのようなイメージをお持ちでしょうか?

 

 

五島列島・蛤浜
 

地元民の私がよく聞くのは、「海がきれい」という声です。
教会やうどんと答える人もいるかもしれませんが、やはりイメージでいえば「海」の
ひとり勝ちなのです。
 

 
しかしみなさん、この寒い冬に海へ行きますか?
すぐ近くに海がある環境に住んでいる私から言わせてもらうと、ほぼ「行きません」。
なぜなら海の近くは風が強くて寒いからですし、そもそも用がありません。
子どもの頃と比べて寒さを我慢できなくなってきていますし・・・。
 

 
五島列島民なのにそんな感じなのか・・・。と思わないでください。
大体の島民の方がいっしょだと思います。
 

 
しかし先日、勇気を出して(?)冬の海に触れてみました。
そこで五島列島の海は、「冬でもイケる」と思ったので少しご紹介します。

 

 
 

冬の海水浴場に人はナシ

長崎県五島列島の海。みなさんのイメージ通りきれいです。それは間違いありません。
今回やってきたのは新上五島町・蛤浜(はまぐりはま)。
五島列島ではトップクラスの知名度を誇り、日本の水浴場88選にも選ばれています。
夏は毎日のように子どもたちや観光客が海水浴をしています。
 
 
しかし冬。
夏なら何百人と人が泳いでいる海水浴場が、冬はゼロ。
「まぁ当然だよな〜」と遠浅の海を眺めていると、夏の海との違いに気付きました。

 
 

遠くから見てなんとな〜くなんですが、水がきれいだったんです。
それで近づいてみると・・・

 
 
column_170210_02
 
やはり水が澄んでいる!夏の水がにごっいるということではないんです。
本当に、いち島民の記憶と直感なのですが、冬の海ってすごくきれいで、夏の海には
ない美しさがあるんだと感じました。
 
 
冬の海がきれいな要因としては、海水温が下がることによってプランクトンなどが減少
し、水のにごりが少なくなるからだそうです。
確かに夏の海水浴ではよく微生物などにかまれて体がチクチクするんですよね。
 
 
蛤浜の砂

 
 
この蛤浜は砂浜も非常にきれいです。
白くて、とてもきめ細かい。手ざわりが良すぎて毛布をさわっているみたいなんです。
 
 
この明らかに人間ではない足跡は犬でしょうか?
素足で歩くとなおさら気持ちがいいんですよね。
 
 

スーツ姿で海を眺め、写真を撮っていた私に、後から散歩にきたおじさんが
「あっちの水の波紋を撮るといいよ」とか「潮が引いてたらカニが出てくるんだよ」
ということを教えてくれました。
 
おそらく島外の人間だと思われていたのですが、(五島列島でスーツなど着ていると
地元民だと思われにくい)この海の素敵なポイントをしっかり知っているおじさんに
感謝して、もう何枚か写真を撮って帰りました。

 

 
 

寒空フィッシング

海水浴は夏しかできませんが、釣りはオールシーズン行うことがきます。
ということで、まだ日が落ちないうちに釣りにも行きました。
 
 
新上五島町・有川郷の防波堤
 
 
 
五島列島の中でも大きめの防波堤。向こう側には水平線が広がります。
この時期ならばメジナ(クロ、グレとも呼ばれる)なんかを狙う人が多いですかね。
磯に出たり本格的なシカケをする必要があるので今回は狙えませんが。
防波堤からならエギ(イカを狙うルアー)をつけてイカ釣りもできますよ。
 
 

今回はかんたんなシカケに、エサはイカを使用して、ちょっと投げてみます。
狙いはカサゴですかね。すると二投目で・・・。
 
 
 
 
 
 
 
小さなカサゴ
 
 
 
 
釣れた〜!狙いのカサゴ!!
けれども・・・ライターサイズの小ささ。
 
あまりにも小さくカサゴ以外の何かとも思ったんですが、カサゴでした。
持って帰るのは気が引けるのですぐさまリリース。大きくなってね。
 
 
この勢いでガンガン釣るぞ、と思っていましたが、これ以降はアタリはあるものの
釣り上げきれずに、日も落ちて終了となりました。
 
 
 
夕日と釣り人
 
 
 
夕日と海と釣り。寒かったですがロケーションに大満足できました。
ちょい釣りで本当にすぐ釣れちゃうから五島の海ってやっぱりいいなぁ。
 
 
 夕日と高速船
 
 
帰る準備をしていると、佐世保市から走ってくる高速船が到着。
沈む夕日と相まって割といい絵になりました。
 
 
 
 
以上、冬の日の海遊びでした。
自分的にはあきらめかけていた「五島列島の冬の海を楽しむ」ということですが、
案外楽しめるということが分かりました。
 
 
島民だからなおさら海のことなんて知った気になっていましたが、冬の海の良いところ
までしっかり知らなかっただけかもしれません。
 
 
島外の友達に「五島列島行きたい!」などと言われると、「夏以外は来てもなんもない
ぞ(真顔)」と返事していましたが、その考えを少しはあらためるきっかけになりました。
 
 
ということでみなさん、冬の海や五島列島も割と良いのでいつでもお越しください。
 
 
 

関連商品

まあるい塩
まあるい塩/虎屋/540円(税込)
「塩のおいしさのすべては海にある」というくらい、どの海の海水を使うか?というのは
塩作りにおいて最も大切なこと。
常にきれいな海水が流れる五島列島は、塩作りには最適の地。
 
中でも「一番塩」と呼ばれる大きな塩の結晶のみを集めた本製品はにがみやえぐみが一切
なく、あなたの塩の概念がくつがえるほどです。
素材の本当の味を引き立てたいときにぜひお使いください。