五島列島の動物

豊富な海産物だけでなく、実は色々な動物が生息している五島列島。
会社から少し足を伸ばすだけでも、色々な動物、生き物に出合えました。
 
column_161228_01
 
まずは来年の干支でもある、鳥です。
可愛らしいスズメがチュンチュンと鳴くのは割と日常かもしれません。
自然のBGMとして鳥の鳴き声はよく聞こえてきます。
 
column_161228_02
 
海に行くと海を眺めている鳥も。
「うみねこ」というカモメ科の鳥ですね。
鳴き声が猫に似ていることから海の猫ということでこのような名前です。
 
column_161228_08
 
そしてカラス。
五島列島のカラスは、人慣れしているのか、これくらい近くに寄っても
全く逃げようとしません。
大きな声を出したりものを投げるふりをしても分かっているのか、その場に
留まります。
みなさんの地域のカラスはどうでしょうか?

 
 
column_161228_04
 
お次は少し温かい季節の生き物ですが、乱舞がきれいな蛍。
五島列島にはいくつもの蛍のスポットがあり、5〜6月が見ごろです。
ヒメボタルやゲンジボタルが生息し、違った光り方を見せます。
五島列島の夏前の風物詩でもあります。
 
 
意外なところではこの動物でしょうか。
 
column_161228_05
 
何の後ろ姿か分かりますか?
中々本物にお目にかかることはないかもしれませんが、この動物は・・・
 
column_161228_06
 
イノシシです。
五島列島では家までの帰り道でナチュラルにイノシシに出合う、ということも
珍しくありません。
運が悪いと車に乗っているときに突進されて、車が修理行きになってしまうことも
あります・・・。私も経験済みです。
 
イノシシの狩猟の仕事もあるくらい、イノシシは割と五島列島の生活に入り込んで
きます。
 
column_161228_07
 
イノシシがいればもちろん(?)鹿だっています。
それも、数が増えている!私は2年前に五島列島に戻ってきたのですが、
島を出た10年前よりはるかに鹿に出合うようになりました。
意外と高い声で鳴く、ということをつい最近知りました。
 
 
 
まだまだ五島列島には色々な動物がいますが、またの機会にご紹介できたら
と思います。
 
 
 

関連商品

飛魚醤油の素
飛魚醤油の素/株式会社冨喜/1,000円(税込)
五島列島の名物の魚・飛魚。飛魚はその名の通り飛ぶように海を移動しますが、
一度飛ぶ間に300m以上もの飛距離を出します。
魚がそれほど飛ぶと言うのはなかなかすごい話ですね。
普段の食卓を料亭の味に仕上げることのできる飛魚醤油の素をぜひお試しください。
関連記事はこちら